進和建設工業株式会社

公開日:2022/07/01 最終更新日:2023/10/17
工場建築ガイドのランキングアイコン

進和建設工業株式会社

進和建設工業株式会社

おすすめポイント

ポイント1 さまざまなことにワンストップで対応
ポイント2 ローコストで高耐久・高耐震
ポイント3 建築後のランニングコストにも配慮

創業50年の歴史は安心と信頼の証。失敗しない地域密着の土地活用実績

進和建設工業株式会社は単純に建設を行えるだけではなく、経営のノウハウを活かして事業立ち上げコンサルティングなどをワンストップで行うことが可能な会社です。建設で経営状況を改善することを目的として高生産性が実現できる設計をしたり、採用によい影響を及ぼせる設計をしたりといったことができるので、興味があればぜひ相談してみてください。

基本情報

創業・設立 1968年
許可 建設許可
大阪府知事許可(特-6)第15899号
大阪府知事許可(特-3)第79108号
問い合わせ 電話
会社情報 進和建設工業株式会社(本社)
〒591-8032
大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-30-1

進和建設工業株式会社は、創業50年以上の歴史を持つ老舗工務店です。大阪で地域に密着した土地活用に力を入れ、これまで570棟以上の実績を誇っています。

高い付加価値・低コスト・高品質な性能といったさまざまな特長と、提案力やアフターフォロー・人材育成などの魅力を掛け合わせ、目指すは地域一番の顧客満足度と信頼度の高い会社です。

そんな地域に根差した進和建設株式会社のこだわりや強みを、詳しく紹介していきます。

TABLE

【工場建築】おすすめの建設会社 比較表
イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)進和建設工業株式会社株式会社澤村 CANARIS(カナリス)日鉄物産システム建築石井工業株式会社株式会社服部建築事務所(工場建設コストダウン.com)さくら構造株式会社
特徴低コストかつ短い工期で、自由度の高い設計の木造建築を主に手掛ける会社創業50年の歴史は安心と信頼の証。失敗しない地域密着の土地活用実績システム建築によって、低価格・短工期でありながら質の高い建築を実現できる業界唯一のシステム建築!40年もの超える歴史が支える信頼の技術が強み!明治37年創業で豊富な施工実績が魅力。顧客の希望に合った最適な提案を行う一貫した真摯な姿勢を貫く、常に顧客の視点を大切する建築事務所日本一の高耐震設計グループを目指す、全国で対応可能な日本有数の建築組織
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

進和建設工業株式会社の特徴①創業50年以上が誇る信頼と実績の詳細

進和建設工業株式会社の画像2高い顧客満足度を誇っているのは、信頼度の高いサービスを提供しているからだと自負しています。建物を建てるだけで終わりではなく「一生涯お客様」という考えを持っているからこその満足度です。

どのようなサービスが、信頼と実績につながっているのかを確認していきましょう。

安心の保証制度

30年間の空室保証という保証制度を完備することによって、顧客に安心を提供することができています。

空室により家賃収入が9割を切った場合、損失分を9割まで共済金として支払うといった仕組みです。入居者の確保やフォロー体制も強力なため、マンション経営初心者の場合も安心できます。

24時間の管理体制

建物の異常や苦情対応に電話1本で24時間対応したり、月1回の巡回パトロールを実施したりと管理体制は万全です。顧客自らが管理人となって、直接さまざまな対応をするのも一つのやりがいとなる場合もあります。

しかし忙しかったり管理を苦に感じてしまったりする方にとって、間に入って管理してくれるこの安心のサービスが選ばれる理由の一つになっているのです。

倒産リスクを軽減する無借金経営

施工会社が引き渡しまでに倒産してしまうと、顧客が支払った費用は返済されずに借り入れだけが残るため不安が付きまといます。そのため無借金経営を取り入れることで、倒産リスクが軽減され顧客が将来に渡り安心することができるようになっています。

ワンストップで包括的なサポート

土地活用の提案や建設はもちろん、市場調査・税務対策・資産運用コンサルティングなどを包括的にサポートします。

またこれまでの施工実績と老舗の経営ノウハウを生かした事業計画の立案を、状況や環境の変化に基づき都度見直しを行い、定期的な経営診断やコンサルティングを実施します。

顧客のエージェントとしての役割は、関連会社とも連携し必要なサポートを提供することです。

進和建設工業株式会社の特徴②独自のポリシーが実現させる地域に密着した土地活用

進和建設工業株式会社の画像3進和建設工業株式会社の最大の魅力は、何よりも地域に密着していることです。創業以来50年以上、地域に根差した運営を行っているからこその土地活用を実施できます。

高い評判につながっている独自のポリシーを確認していきましょう。

低コストでも実現可能な高い価値とクオリティ

日本は中間マージンが多く発生してしまうため、建設コストはカナダの2倍といわれています。そこで進和建設工業株式会社は安定した工事量がある信頼から、安心でコストパフォーマンスの高い独自の仕入れルートを開拓して大量仕入れを行い、低コストを実現しました。

また建設後に建物の用途を変更できるコンバージョンも積極的に取り組んだり、工期を短縮する工夫をしたりすることでもコストを抑えます。それに加え強さと美しさといった性能やデザイン性も保持できる建物を作り、目指すは顧客の長期に渡る資産運用です。

大切にしているのは人と人とのつながりがもたらすもの

第一に顧客が納得して収益を得られるようにしたいと考えています。そのために力を入れているのは、顧客とスタッフの関係の構築です。顧客の夢や要望を聞き出す力や、それらをカタチにするプロの力を養う人材の育成を行っています。

またそれにより目指すのは、完成した建物に集う人々が、楽しく生き生きと過ごすことができる空間です。人と人とのコミュニケーションを大切にできる設計思想にこだわります。

セミナーやイベントによるより良い資産運用の学びの提供

顧客がオーナーとしてより良く資産運用ができるように学びの面も提供しています。内容は不動産の運用・リノベーション・資産の増やし方・確定申告についてなど、土地活用に必要なさまざまな角度からの知識を増やせるようなセミナーです。

相談できる場所の確保や土地活用の仲間作りの場にもなり、安心して土地活用を行うことにつながります。

進和建設工業株式会社の特徴③どこにも負けない独自の強み

進和建設工業株式会社の画像4顧客満足度につながっている独自の強み、それは提案力と人材力です。この二つの強みが、顧客からの信頼度につながり、事業の発展や地域一番の建設会社へと成長できる礎と考えています。それぞれどのような強みなのか詳しくみていきましょう。

環境や状況に合わせた提案力

マンション・店舗・高齢者向けの住まいなど、土地活用にもさまざまな選択肢があります。顧客の資産状況によっても運用方法が異なるため、求められるのは徹底した調査や現状把握を行うことで失敗がないようなコンサルティングの提案です。

駅から遠いにも関わらず、単身者向けのワンルームマンションを建てたことで空室率が高くなるなどの失敗例から、徹底的に市場調査を行い至便性・環境・エリアにおけるニーズや需給ギャップなどを分析し、その結果最も適した活用方法を提案します。

企業精神を育む人材育成力

顧客が求めているものや他社との差別化を明確にすることで、その物件の独自性を打ち出すことができるような人材の育成に力を入れています。

月2回行われる勉強会や社内研修など、教育体制や研修制度を構築し、前進し続けることができる人材を養うことで、求めているのは人の心を揺さぶる商品を開発できる感度の高いスタッフです。

また自らの力で考え問題解決に取り組むことができる、責任感あふれる人材を育んでいます。成果主義の評価制度の導入や、年功序列ではなく能力で上位ポストを狙える仕組み作り・独立支援などを実施することで、スタッフ一人ひとりが企業精神を持った原動力となることです。

まずは気軽に問い合わせてみよう

進和建設株式会社は、地域密着の建設会社です。創業50年以上という歴史と、大阪の地を知り尽くした570棟以上という実績が信頼を物語っています。

「一生涯お客様」という精神を大切に、コストを削減したり建設後のフォロー体制を整えていたりすることで、顧客が安心して土地活用を行えるような仕組みを構築。また顧客一人ひとりの状況や環境に合った最善の提案ができるような人材育成にも力を入れているため、土地活用初心者の場合でも何でも相談することができ安心です。

「土地が余っているから活用したいけれど、どうしたら良いか分からない」という方は、地域に密着した土地活用を得意とする進和建設株式会社に気軽に相談してください。

よくある質問

  • システム建築とは、どのような建物ですか?
  • 建築物を構成する部材や納まりを徹底的に標準化することで、作業効率の向上を図り、建築生産プロセスをシステム化した工業化製品です。
    第二次大戦中に、アメリカ軍が採用した「かまぼこ型兵舎」が始まりです。当時の兵舎の機能には、大量生産性、組立・解体の容易性が要求されました。これを満足するため、複数の部材の標準化が進められ、これが「システム建築」として成長しました。
    システムとは、複数の構成要素を組織・体系化することで目的のために規則的に結合させた集合体と理解できます。 現代では、「システム建築の”システム”=コンピューター化」と広義の意味として置き換えても良いと考えられます。
  • システム建築の目的は?
  • システム建築の目的は明確で、
    (1) 低価格 (2) 高品質 (3) 短工期 です。
    建築物を構成する各部材のディテールと配置について、徹底した標準化を行うことで、これらの目的を実現しています。
  • システム建築は具体的にどのようなことを実現していますか?
  • 徹底した標準化による、新しい建築生産方式が以下を可能にしました。
    (1) 建物の企画提案や迅速な見積り対応が可能です。
    (2) 標準化による合理的かつ経済的な設計が可能です。
    (3) CAD/CAMデータを利用したコンピューターによる構造体・外装材の一貫生産とライン化を可能としました。
    (4) 現場加工を無くし、標準化・省力化された施工を可能としました。(このため熟練工が不要となります。)
    これら4つを総合して、前述の「低価格、高品質、短納期」を実現しています。
  • システム建築とプレハブ建築は、どこが違うのですか?
  • システム建築は、個別の建物毎に一定の約束事に従って設計と製作を進めていく本格的な建築物です。一方、プレハブ建築は、あらかじめ設計・製作が完了している部材を組み合わせた建築物です。
    システム建築は、コンピューターの飛躍的な処理能力の向上と共に、高度な構造設計が可能となり、プレハブ建築にはないクレーンの設置など設計の自由度を拡大して来ました。また製造技術においてもコンピュータによる生産データの処理能力の向上と、製造・管理までの一元化を進めたことにより、極めて高精度な部材および建築物の製作を可能にしています。
    システム建築は、経済性、高強度、短納期を実現させたことで、プレハブ建築はもとより在来工法も越える建築物と言えます。
  • クレーン付きや冷蔵倉庫などの建物は建てられますか?
  • もちろんクレーン付や冷蔵倉庫などの建物にも対応することができます。 クレーン付の場合は、吊り荷重10tまでを標準(最大30t)としていますが、これを超える場合でも充分対応できる場合がございますので、お気軽にお問合せください
【工場建築】おすすめの建設会社ランキングはこちら

サイト内検索

【NEW】新着情報