工場建築を徹底比較!工法の特徴とメリット・デメリットをご紹介

公開日:2023/11/24 最終更新日:2024/01/09

木造建築の工場・倉庫

工場建築には、システム建築、在来工法、プレハブ工法、テント工法など、さまざまな工法があります。それぞれの工法には、工期やコスト、耐震性、デザインの自由度など、さまざまなメリット・デメリットがあり、それらをよく理解しておくことが重要です。

そこで本記事では、工場建築の際に検討すべき代表的な4つの工法の特徴とメリット・デメリットを徹底比較します。自社のニーズに合った工法を選択するための参考にしていただければ幸いです。

工場建築する際の代表的な工法と種類

工場建築の代表的な工法は、システム建築・在来工法・プレハブ工法・テント工場の4種類です。この章では、各工法の特徴を解説します。

システム建築

システム建築とは、建物を構成する部材を標準化・規格化することで、工期の短縮とコストの削減を実現する建築工法です。工場や倉庫の建設に多く用いられています。

従来工法よりコストが安く、工期が従来の工法に比べて短いのが特徴です。デザインの自由度は従来工法に比べて低くなります。

在来工法

在来工法とは、柱や梁などの部材を現場で組み立てて建物を造る工法です。日本では古くから用いられている伝統的な工法であり、工場建築にも多く用いられています。

在来工法は自由度が高いのが特徴です。間取りや外観など、自由にオーダーできます。

コストはシステム建築に比べ、高い傾向です。工期も長くなります。

プレハブ工法

プレハブ工法とは、建物の部材を工場で製造・加工し、現場で組み立てる方法で、比較的小規模の工場に多く用いられる建築方法です。システム建築に比べてさらに部材の規格化が進んでおり、工期の短縮とコストの削減を実現しています。工場建築にも多く用いられています。

ただし、自由度はシステム建築や在来工法に比べ低くなる傾向です。

テント工場

テント工場とは、鉄骨の骨組みにシートを張った簡易的な工場です。工場や倉庫の建設に用いられるほか、イベント会場や仮設住宅など、さまざまな用途に使用されています。

テント工場はコストが安い反面、耐久性はシステム建築や在来工法、プレハブ工法に比べ短くなるので注意が必要です。

工場建築に用いられる各工法のメリット・デメリット

この章では、工場建築の代表的な工法の章で述べた代表的工法4種類のメリットとデメリットについて、さらに詳しく解説します。それぞれの特徴をよく理解して、自社の計画にあう工場建設を目指しましょう。

システム建築のメリットとデメリット

システム建築のメリットは工期が短くコストが安いことです。工場で生産・加工済みの建築部材を現場で組み立てるだけなので、在来工法に比べて工期を短くできます。

コストが安いのは、建築部材が規格化されており工場で効率的に生産されるためです。坪単価は一般的に在来工法より安く済みます。

また、耐震性と耐久性が高いのもメリットのひとつです。鉄骨やコンクリートなどの建築資材を多く使用していることが、耐震性と耐久性の高さに寄与しています。

一方、システム建築のデメリットは、自由度が在来工法に比べ低いことです。規格化された建築部材や設計を多用するため、自由度は在来工法より低くなります。

また、規格化された建築部材は、専門の建設業者でなければメンテナンスが難しい場合があるので注意が必要です。

在来工法のメリットとデメリット

在来工法のメリットは、自由度が高いことです。在来工法は、部材を現場で組み立てるため建物の形状や間取りに自由度があり、複雑な形状や間取りの建物を建設したい場合に適しています。

メンテナンスのしやすさもメリットです。在来工法は、部材が単純に組み合わされていることが多いため、部材の交換や修理が必要になった場合は比較的簡単に対応できます。資材や部材を自由に選択できるので、耐震性と耐久性については予算に合わせた設計が可能です。

一方、在来工法はシステム建築に比べ工期が長くなります。部材を現場で組み立てる必要があるためです。

一般的に、システム建築の工期が3〜6か月程度であるのに対し、在来工法は6ヶ月〜1年程度かかります。

また、コストが高くなるのも在来工法のデメリットです。在来工法は部材の規格化が進んでいないため効率化しにくく、システム建築やプレハブ工法に比べてコストが高くなります。

プレハブ工法のメリットとデメリット

プレハブ工法のメリットは、工期が短くコストが安い点です。システム建築と似ていますが、建築部材の規格化がシステム建築よりさらに進んでいるので、コストは一般的にシステム建築より安くなります。

しかし、自由度がシステム建築よりさらに低くなるのがデメリットです。高度に規格化された建築部材は自由度を低くします。

また、システム建築のデメリットと同じようにメンテナンスが難しくなる場合があるので注意が必要です。高度に規格化された建築部材は専門の業者でなければ対応できない場合があります。

テント工場のメリットとデメリット

テント工場のメリットは、工期が短いことです。この記事で紹介している工法の中で、最も短い期間で完成します。

一般的に、在来工法の工期が6か月〜1年程度かかるのに対し、テント工場は2ヶ月程度で建築可能です。鉄骨の骨組みにシートを張っただけの構造が、工期の短縮に寄与しています。

コストが安いのもメリットです。規格化された建築部材を使い短期間で建築するので建築の人件費も安くなり、トータルコストが安くなります。

デメリットは耐久性の低さです。鉄骨の骨組みにシートを張っただけの構造であるため、システム建築や在来工法に比べ耐久性は低くなります。

また、紫外線に弱く、台風などの災害にも弱いので注意が必要です。

工場建築する際に注意するポイント

工場を建設する際に、各工法のメリットやデメリットを理解しておくことは大切ですが、ほかにも注意すべきポイントがあります。最も注意すべきは関連法規です。

建設関連の法規を遵守しなければ、工場を建設することはできません。また、建設したあとに工場を稼働させるためには、製造物に関する法規を守る必要があります。

建設に関する法規に違反しないよう、建設業者と十分な打ち合わせをしましょう。また、製造物に関する法律についても専門家などに相談し、事前に調査しておくことをおすすめします。製造物関連法規、特に製造工場の基準などに関する法律が守られていない場合、工場に対する製造の許認可が監督省庁から出ないかもしれません。

従業員の働きやすさを考えて建設することもポイントです。従業員が働きにくい工場は、生産性や効率が悪くなります。厚生労働省の労働関連法規に適合する工場を建設しましょう。

一度建設した工場は、簡単に建て替えできません。設計段階からよく検討して、従業員が働きやすい環境になる工場を建設しましょう。

新しく建設する工場で、何を作るかということも重要なポイントです。作る物が明確になっていなければ、将来的に製造の効率が落ちることもありえます。

建て替えの場合は現在の製造物はもちろん、将来的な製造計画も視野に入れ、10年後20年後も効率的に稼働できる工場を目指しましょう。

まとめ

工場建築には、システム建築、在来工法、プレハブ工法、テント工法の4つの代表的な工法があります。それぞれの工法の特徴やメリット・デメリットをよく理解し、自社のニーズに合う工法を選択することが重要です。

企業により優先事項は変わります。まず、何を優先するのかを洗い出しましょう。コスト、工期、自由度、耐久性、製造物、人事管理などの項目をピックアップし、優先順位を決めてください。優先順位が決まれば、工場建設する際の工法を選びやすくなります。

工場建設の工法でお悩みの場合は、電話もしくはメール、問い合わせフォームなどから気軽に連絡をしてみましょう。経験豊富な担当者が丁寧に対応いたします。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【工場建築】おすすめの建設会社 比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)進和建設工業株式会社株式会社澤村 CANARIS(カナリス)日鉄物産システム建築石井工業株式会社株式会社服部建築事務所(工場建設コストダウン.com)さくら構造株式会社
特徴低コストかつ短い工期で、自由度の高い設計の木造建築を主に手掛ける会社創業50年の歴史は安心と信頼の証。失敗しない地域密着の土地活用実績システム建築によって、低価格・短工期でありながら質の高い建築を実現できる業界唯一のシステム建築!40年もの超える歴史が支える信頼の技術が強み!明治37年創業で豊富な施工実績が魅力。顧客の希望に合った最適な提案を行う一貫した真摯な姿勢を貫く、常に顧客の視点を大切する建築事務所日本一の高耐震設計グループを目指す、全国で対応可能な日本有数の建築組織
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら