徳倉建設株式会社の口コミや評判

公開日:2023/09/15 最終更新日:2023/10/13
徳倉建設株式会社の画像
創業・設立1947年
許可国土交通大臣許可(特-2)第3887号
国土交通大臣(12)第2339号
一級建築士事務所 愛知県知事登録(い-30)第772号
問い合わせ電話・FAX・メールフォーム
TEL:052-961-3271(代表)
会社情報徳倉建設株式会社
〒460-8615 愛知県名古屋市中区錦3丁目13番5号

愛知県名古屋市に本社をかまえる徳倉建設株式会社。支店は日本のみならず、海外にも支店があります。土木・建築事業をはじめ、リニューアルや開発事業などにも携わる、建築関係のプロフェッショナルです。さらにボランティア活動や環境に配慮した行動など、積極的に参加し社会貢献しています。今回は、そんな徳倉建設についてご紹介します。

徳倉建設とは?

徳倉建設は土木・建築工事に精通した会社であり、高度な技術力とノウハウから日本にとどまらず、世界へと羽ばたいています。本社は愛知県ですが、主要都市に支店を設けており、全国の建設に携わっているのです。

徳倉建設の沿革

徳倉建設の歴史は古く、1947年に宝土建設を設立して土木建築請負業をはじめました。1947年に現在の社名である徳倉建設に変更し、1957年にセントラル工材、現在の連結子会社を設立しました。

その後もさまざまな連結子会社を設立し、2014年にはメキシコ支店が開設。2022年には、市場第2部からメイン市場になるなど、徳倉建設は止まることなく発展を続けています。

徳倉建設が携わる事業

徳倉建設の主な事業は、土木・建築・国際です。

土木は道路や河川、ダム、農業土木などがあり、人々の安心安全な暮らしの基盤を支えています。建築は官公庁、教育・文化、個人・集合住宅、医療・福祉、レジャーなどです。そして国際は、中央アフリカに小学校を建設したり、グアテマラの国道を整備したりするなど、海外の生活にも大きく貢献しています。

そのほかの事業として、建物のリニューアルや開発事業、学校給食センター整備・運営事業などがあります。

徳倉建設が誇る建築技術

徳倉建設にはさまざまな建築技術があり、最高峰の技術を駆使して多くの土木・建築工事に携わっています。ここでは、徳倉建設の建築技術について見ていきましょう。

ビル免震

そもそも免震の建物は、建物の上部構造と下部構造の間に免震装置をして、地震による揺れを最小限に抑えます。その結果、建物内にいてもほとんど揺れを感じにくく、家具や照明などが倒れないよう、やさしい揺れに変えてくれるのです。

一方で免震ではない建物は、大きな地震がきたとき、建物の一部が壊れることを想定しています。振動エネルギーを吸収し、耐震性をしっかり保つことで、建物の全壊を防ぎます。

免震の建物と違い、建物の損傷が大きくなりやすい傾向にあるので、安全・安心感を求めるビルでは、免震を取り入れた方がよいでしょう。

戸建て免震

とくに愛知県は、いずれ大地震がくるのではないか、といわれています。いつ訪れるかわからない大地震に大切な住宅を守るため、免震装置が活躍します。

徳倉建設では、狭いスペースでも免震装置の施工ができる工法を開発し、5cm〜15cm程度の隙間であれば施工可能です。従来の免震施工は70cmほどの空間が必要で、玄関などは階段を多く用意する必要があります。

徳倉建設だと、狭い空間で免震装置を設置できるので、玄関などへの影響はほとんどありません。さらに施工にかかる時間の短縮、工事費のコストカットも可能です。

資源循環モデル住宅

資源循環モデル住宅は、省エネや資源エネルギーを活用し、さまざまな環境への配慮をした住まいを提供します。屋内だけでなく外部にも雨水を活用できる雨水貯留槽・手押しポンプ、共同生ごみ処理機などを取り入れています。

また、人とのふれあい・つながりを大切にするための共同菜園・花壇、ふれあいのスペースを設置して、近所とのコミュニケーションが取れるようにしているのです。

徳倉建設のCSR

徳倉建設では社会・環境活動に積極的に参加しています。どのような取り組みがされているのか、いくつかご紹介します。

社会

葛西用水路ボランティ活動や企業の森づくりボランティア活動など、さまざまな社会活動に参加しています。徳倉建設は、地域密着型の会社であり続けるため、さまざまなボランティア活動に積極的に携わり、地域住民の声を聞きながら、社会貢献につとめています。

環境

次世代への「配慮」を軸に地域環境の負荷を軽減する活動を進めています。徳倉建設の環境への活動指針は、環境汚染の防止・環境に対する目標を定めて継続的な改善をする・環境活動の成果が出るように社員に教育、関係者への理解を求めるです。

SDGs

SDGsを意識しつつ、環境に配慮した事業活動を積極的に行う事業所に対し、名古屋市では「なごやSDGsグリーンパートナーズ」として、登録・認定をしています。認定を受けることで、事業所の取り組みを支援したり、名古屋市のサイトで事業所名の紹介・環境への取り組みを掲載したりすることが可能です。

徳倉建設は本社が平成17年に登録、令和4年には、伏見オフィスが認定を受けました。地域貢献活動やリサイクル、環境に考慮した自動車など、さまざまな取り組みが行われています。

まとめ

今回は徳倉建設についてご紹介しました。人にやさしく、人を愛する気持ちを大切にする会社であり、人々の生活がより快適・安全になるようにさまざまな努力をしています。

とくに土木・建築では、これまでに培ったスキルをさらに磨き、進化を続けています。企業努力によって、独自の免震装置の工法が誕生しました。いつ訪れるかわからない大地震に備え、徳倉建設では大切な建物を守り続けていきます。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【工場建築】おすすめの建設会社 比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)進和建設工業株式会社株式会社澤村 CANARIS(カナリス)日鉄物産システム建築石井工業株式会社株式会社服部建築事務所(工場建設コストダウン.com)さくら構造株式会社
特徴低コストかつ短い工期で、自由度の高い設計の木造建築を主に手掛ける会社創業50年の歴史は安心と信頼の証。失敗しない地域密着の土地活用実績システム建築によって、低価格・短工期でありながら質の高い建築を実現できる業界唯一のシステム建築!40年もの超える歴史が支える信頼の技術が強み!明治37年創業で豊富な施工実績が魅力。顧客の希望に合った最適な提案を行う一貫した真摯な姿勢を貫く、常に顧客の視点を大切する建築事務所日本一の高耐震設計グループを目指す、全国で対応可能な日本有数の建築組織
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら