工場建設の流れと後悔しないための成功のポイント

公開日:2024/01/18
工場建設 流れ

「工場建設をするにはどうしたらいい?」「成功のポイントはある?」そんなお悩みを抱えてはいませんか。

工場建設を成功させるには、全体の流れを把握し、適切なスケジュールを組むのが重要です。重要な工程も多いため、ポイントを押さえて計画に沿って取り組むとよいでしょう。

この記事では、工場建設の流れや確認すべき法律、成功のポイントについて解説します。これから工場建設を予定している人は、ぜひこの記事を参考に、設計に臨んでみてください。

工場建設の流れ3ステップ

工場建設を行う際には、全体の流れを把握することが重要です。いきなり施工業者に依頼をするのではなく、建設の目的や条件を確認したうえで、設計計画を立てる必要があります。

ここでは、工場建設の流れを3ステップに分けて解説します。

1.目的や条件を確認する

建設する工場の目的や条件を明確にすることで、設計案の大幅修正や予算超過、スケジュール遅延などを防げます。

目的や背景によって、必要とされる設備や機能は異なる場合がほとんどです。工場建設の目的を確認したうえで、予算計画や工程計画、建設プロジェクトの組織作りを行っていきましょう。

また、高さや広さは、必要な設備や資材、人員、工場の生産動線や方式などによっても異なります。特に、特殊条件の有無は、予算や工程に大きな影響があるため、事前の確認が重要です。

加えて、土地の取得が必要な際は、工業用水や電力、水道などの必要なインフラと地形や気候などの自然条件についても確認しておきましょう。

2.設計計画を立てる

工場建設をする際には、配置計画や平面計画、立面計画、断面計画の4つの計画を立てる必要があります。

配置計画は、物流スペースや動線、緑地などの全体的な動線に関する計画です。平面計画では、作業スペースや動線、設置する機械などについて明確にします。

立面計画で建物のイメージを具体化したら、設置する機械やクレーンの数を検討する断面計画を立てましょう。そのほかに、採光や断熱性、色彩なども考えていきます。

最終的な全体工程を確認するためには、設計や申請、建設に関する実施工程の立案も欠かせません。

また、防災設備や電気の容量、照明の数、給水や排水の容量などの計画も必要です。冷暖房設備の有無や換気設備についても忘れずに検討しましょう。

計画に過不足や不備がないか関連する法令を確認したら、屋根材や壁材、窓などの詳細な設計を作成し、工事費用を明確にしていきます。

3.施工業者を選ぶ

予算計画や設計計画をもとに、施工業者を選びます。

建設に関してのアドバイスを受けられるような、専門知識を持つ、経験豊富な業者を選ぶとよいでしょう。施工業者が決定したら、発注し、工事が始まります。

工場建設の際に確認すべき3つの法律

建設計画を立てる際には、主に3つの法律を確認する必要があります。それが、都市計画法と工場立地法、建築基準法です。

法律に違反してしまうと、計画の大幅な変更や修正が必要なため、しっかりと確認しておきましょう。ここでは、それぞれの法律について詳しく解説します。

都市計画法

都市計画法とは、土地の利用方法や市街地の開発に関するルールが定められた法律です。

一般的に、都市計画区域は、市街化調整区域と市街化区域の2種類に分けられます。そのなかでも、市街化区域はさらに13の用途地域に分けられるのが特徴です。

通常、規模の大きい工場は、市街化区域の「工業地域」「準工業地域」「工業専用地域」のいずれかにしか建築できません。しかし、準工業地域は、石油コンビナートや花火工場などの環境悪化や危険性の高い工場は建設できないため注意しましょう。

新たに土地を取得する場合は、立地も欠かせないポイントです。土地選びを間違えてしまうとすべての計画に影響が生じてしまいます。

希望する土地が、13の用途地域のどれに該当するかは必ず確かめておきましょう。

工場立地法

工場立地法とは、建築面積の合計3,000平方メートル以上または敷地面積9,000平方メートル以上の工場を建設する際に、周辺の環境を守るために定められた法律です。工場立地法に該当する建物を特定工場といい、建設時には市町村への届け出が義務付けられています。

また、特定工場を建設する場合、敷地面積に対する生産施設の制限や敷地面積の20%以上の緑地等の環境設置が必要です。

この法律は、四日市公害裁判の公害訴訟をきっかけに、環境破壊や公害を防止し、ヒートアイランド現象や騒音の軽減などを目的として制定されました。そのため、製造業や電気供給業などの企業が、進んで地域や周辺の環境づくりに貢献することが求められています。

建築基準法

建築基準法とは、建物の敷地や設備、構造についての最低限の基準を定めた法律です。工場を建設する際には、建築基準法に則って、行政の3段階の検査や審査を受けなければなりません。

最初に、法律を遵守した建物の設計計画であるかの確認が行われます。都道府県や市町村に指定された建物の場合、指定の工程の完了後に検査が実施される場合がほとんどです。最終検査は工事完了後に実施されます。

検査内容は、敷地の安全性や衛生面の確保、建物の安全性の確認についてです。建物の安全性については、地震を始めとする災害による倒壊防止構造や耐火構造、避難階段の設置などが確認されます。

また、敷地内だけでなく、用途規制や接道規制といった周辺環境に関する項目も検査されるため、注意しましょう。

工場建設の3つの成功ポイント

工場建設を成功させるためには、コストを抑え、生産性を高める設備や内装の設計が重要です。そのためには、適切な設計会社選びも欠かせません。

ここでは、工場建設を成功に導く3つのポイントについて解説します。

ランニングコストを意識する

工場を新設したあとの営業利益には、ランニングコストが大きく関わってきます。

光熱費やメンテナンス費がかかるようなつくりでは、利益の損失にもつながってしまうでしょう。そのため、設計をする際は、ランニングコストを抑えるような工夫も重要です。

たとえば、断熱性の高い壁材や屋根材を使用することで光熱費の削減が期待できます。より効果の高い断熱工法を取り入れるのもよいでしょう。

また、メンテナンスのしやすい設計をすれば、維持費の削減にも効果的です。どの程度のランニングコストがかかるのかを把握し、よりコストを抑えた設計を考える必要があります。

働きやすい環境に配慮する

従業員が生産的に効率よく働けるような環境づくりも欠かせません。

工場内の機械の配置や動線、適切な気温や湿度の維持など働きやすい環境に配慮することも重要です。設計の際に、作業のしやすい内装や環境をしっかりイメージしてみるとよいでしょう。

また、周辺住民とのトラブルを防ぐためには、騒音や有害な排水・排煙がないクリーンな環境も求められます。従業員の働きやすい環境は、周辺住民にとっても好ましい場合がほとんどです。

作業効率だけを考えて設計するのではなく、環境にも配慮した工場建設を行いましょう。

専門知識のある設計会社を選ぶ

設計を依頼する際は、ユーティリティ設備や機器についてなどの専門知識のある設計会社を選ぶのがおすすめです。

業界によって求められる管理基準は異なるため、それぞれの基準にあった設計を考える必要があります。また、安全性の確保や近隣環境への配慮、省エネ性についても考えられるとよいでしょう。

企画コンペの指名率が高い会社は、優良な設計会社である場合がほとんどです。コンペの指名率や専門性などを参考に、設計会社選びは慎重に行いましょう。

まとめ

工場建設をスムーズに進めるためには、計画を立てる前に目的や条件を明確にします。目的や条件を明確にしたうえで計画を立てることで、大幅な設計変更や予算超過を防げるでしょう。

また、具体的な設計計画を立てる際は、法律の遵守も欠かせません。加えて、工場建設を成功させるには、ランニングコストや環境への配慮ができる設計会社選びが重要です。

工場建設に不安を感じている人は、ぜひこの記事を参考に、成功のポイントを押さえた計画を立ててみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【工場建築】おすすめの建設会社 比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)進和建設工業株式会社株式会社澤村 CANARIS(カナリス)日鉄物産システム建築石井工業株式会社株式会社服部建築事務所(工場建設コストダウン.com)さくら構造株式会社
特徴低コストかつ短い工期で、自由度の高い設計の木造建築を主に手掛ける会社創業50年の歴史は安心と信頼の証。失敗しない地域密着の土地活用実績システム建築によって、低価格・短工期でありながら質の高い建築を実現できる業界唯一のシステム建築!40年もの超える歴史が支える信頼の技術が強み!明治37年創業で豊富な施工実績が魅力。顧客の希望に合った最適な提案を行う一貫した真摯な姿勢を貫く、常に顧客の視点を大切する建築事務所日本一の高耐震設計グループを目指す、全国で対応可能な日本有数の建築組織
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら