工事で防音シートは大切?静かで快適な環境を実現する効果的な手法!

公開日:2023/12/15
疑問

街中を歩いていると工事現場がシートで覆われているのを目にしたことはありませんか?工事現場ではさまざまなシートが用いられますが、工事現場を囲むようにしてある場合は防音シートが使われていることがあります。今回は工事中の防音シートの役割や効果的な手法について解説します。

防音シートの役割と工事現場での利用方法の解説

工事現場で使われる防音シートはどういった役割や利用方法をしているのでしょうか?防音シートの基礎知識について解説します。

防音シートの役割とは?

防音シートは防音性能が高い養生シートのことです。工事現場の多くは養生のためにシートが設置されます。騒音の軽減や粉じんを周囲に広げないために設置しますが、その中でも防音シートは防音性能が高く、解体作業の際に利用されることが多いです。

防音といっても完全に音を防げるわけではありませんが、耳に響くような音が軽減されます。

防音シートの利用方法

防音シートは工事現場で用いられ、足場や壁面を覆うように設置されます。設置することで街中での騒音をやわらげる、周囲に粉じんを広げない効果が期待できるのです。街中で周囲の方への音や振動を抑え、配慮が必要な場面や解体現場で大きな音が出るときなどに利用されています。

防音シートによる騒音や振動の低減効果

防音シートは完全に工事現場を覆っているわけではありません。それなのに防音効果があるのでしょうか?設置することによる効果について解説します。

遮音性について

遮音性があるかどうかは透過損失という値で示されます。防音シートを音が通る前と後で音の大きさを比較し、測定するとどれくらいの遮音効果があるか分かります。防音シートにも種類があるため条件に合ったものを選びましょう。

音の強さについて

音は10デシベルほど下がると、感じる音の強さや大きさが半減して感じられます。多くの防音シートは、近い距離であれば10デシベル以上、音の強さが下がるようになっています。

専門知識と施工技術による効果的な防音シートの選択と施工手法

防音シートを活用するには製品の選択や施工方法も重要になってきます。どのような点に注意すればよいのか解説します。

防音シートを取り扱っている会社をチェックする

防音シートを販売している会社は性能やデータを公開しているため、ウェブサイトやカタログをチェックしてみましょう。防音シートといってもさまざまな種類があります。

防音性の高いもの、低コストなもの、性能とコストのバランスがよいものなどがあるので、予算や工事の内容によって防音シートを選びましょう。また、防音性だけでなくほかの効果を高めた製品もあります。防炎性能も高いものやパネル状の反響音を防ぐ製品もあります。

また、防音シートは黒や灰色のものが多く、設置すると作業する場所が暗くなってしまうという点がデメリットです。

暗くなるのが困る、なるべく節電したいといった際は採光機能のある防音シートを利用するのをおすすめします。採光機能は自然光を取り入れる機能を追加した製品です。ある程度明るくなるので照明を使いすぎず節電効果が期待できます。

オーダーメイド製品を活用する

防音シートは既製品の購入もできますが、オーダーメイドが可能な会社もあります。シートが長いと危ないため、使用用途やサイズに合わせてオーダーメイドするのもおすすめです。どういった防音シートを購入しようか迷っている場合は、防音シートを取り扱っている会社に問い合わせをしてみましょう。

防音シートの管理をしっかり行うことでトラブルを防ぐ

防音シートは防音効果により、周囲への騒音を軽減するといった役割があります。しかし、役割はそれだけではありません。防音シートを利用することにより作業員の落下などのけがを防ぐ、工事現場の外にいる通行人のけがを防ぐ役割もあります。

また、工事現場は大きな物音、振動、ほこりや臭い、トラックの出入りなどで近隣の方へストレスを与えてしまい、トラブルに発展しやすい条件がそろっています。きれいな防音シートを設置しておけば近隣の方への配慮になり、トラブルの発生を減らせます。

どんな会社がどんな工事をしているのか、備品をきちんと管理しているのかが防音シートを通して近隣の方にみられているので、管理や整備をきちんと行いましょう。防音シートは防音という文字が表面に書かれていることが多いですが、この文字が逆さになっていないか、すき間がないかなどに注意して設置しましょう。

また、長すぎたりしっかり固定していなかったりする場合、風を受けてシートが工事現場や作業員、通行人に当たってしまう可能性もあるので、端の始末もしっかり行いましょう。

きちんと設足場や音の出る周辺を囲うように防音シートを設置すれば、音や振動を軽減できます。いい加減に設置しては意味がないので注意してください。きちんと設置、管理することで会社の評判を落とさないように心がけましょう。

まとめ

工事現場で何気なく見かける防音シートですが、工事による近隣トラブルを避けたり安全に工事を進めたりするために設置することをおすすめします。防音効果がない養生シートもありますが、周囲への騒音が大きい解体作業の際は、防音シートを用いるのがおすすめです。

どんな製品を利用すればよいのか分からないときは、防音シートを取り扱っている会社のウェブサイトやカタログをチェックしてみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【工場建築】おすすめの建設会社 比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)進和建設工業株式会社株式会社澤村 CANARIS(カナリス)日鉄物産システム建築石井工業株式会社株式会社服部建築事務所(工場建設コストダウン.com)さくら構造株式会社
特徴低コストかつ短い工期で、自由度の高い設計の木造建築を主に手掛ける会社創業50年の歴史は安心と信頼の証。失敗しない地域密着の土地活用実績システム建築によって、低価格・短工期でありながら質の高い建築を実現できる業界唯一のシステム建築!40年もの超える歴史が支える信頼の技術が強み!明治37年創業で豊富な施工実績が魅力。顧客の希望に合った最適な提案を行う一貫した真摯な姿勢を貫く、常に顧客の視点を大切する建築事務所日本一の高耐震設計グループを目指す、全国で対応可能な日本有数の建築組織
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら