工場建築には補助金が出る?種類と申請方法を紹介

公開日:2023/08/15 最終更新日:2024/01/19

補助金

工場建築においては、さまざまな補助金が利用できる可能性があります。これらの補助金を活用することで、企業の救済や業務効率化など、多くのメリットを享受することができるでしょう。本記事では、工場建築に関する補助金の種類や申請方法について詳しく解説しています。工場建築を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

補助金と助成金との違いとは?

補助金と助成金の違いをご存知でしょうか。

両者は企業や個人への経済的支援を目的とする制度ですが、いくつかの違いが存在します。こちらで詳しく確認していきましょう。

補助金とは

補助金は、国や自治体が企業や個人に対して実施する問題解決のための経済的支援です。一般的に、補助金は返済の必要はありません。

ただし、補助金は年度ごとの政策に基づいて設けられるため、毎年同じ補助金が存在するわけではありません。

補助金には期限付きのものもあり、なくなることもあります。

また、補助金の申請要件や支給金額は、補助金の種類や制度によって異なる場合があるため、注意が必要です。

補助金を活用する際には、申請要件や条件を注意深く確認し、タイミングを逃さないようにしましょう。

工場建設には多額の資金が必要ですので、自社が補助金の対象に該当し、活用できそうな補助金を見つけたら、早めに行動してください。

助成金とは

助成金は、主に厚生労働省や経済産業省などの公的機関から受け取れる経済的支援です。

助成金は特定の状態にある人や企業に対して支給され、返済の必要はありません。補助金と助成金の一番の違いは、審査の有無です。助成金は支給要件を満たせば受け取ることができるという特徴があります。

工場建築のときに申請できる補助金とは?

工場を建築する場合には、国などによりさまざまな補助金が用意されています。工場建築に関連する補助金を確認していきましょう。

事業再構築補助金

事業再構築補助金は、新型コロナウイルスの影響により設けられた補助金のひとつです。

この補助金は主に中小企業や中堅企業を対象としており、通常の支給要件として売上減少や経営革新支援機関との事業計画策定など、事業再構築の予定が必要になります。

事業再構築補助金の採択を受けると、経営状況が悪化した企業は工場建築や倉庫の新設、改修、設備投資などに資金を活用することができるでしょう。

多くの事業者が新型コロナウイルスの影響で打撃を受けており、事業再構築補助金は積極的に利用したい補助金のひとつです。

原材料安定供給対策事業

原材料の安定供給への対策として、国内の工場建築や生産関連設備の整備を支援する補助金です。

この補助金は特定の原材料に関連し、たとえばパラジウムや石炭など、国内で生産関連設備を整備する企業が対象となります。対象企業は取り扱う原材料によって絞られるのが特徴です。

ものづくり補助金

ものづくり補助金は、中小企業や小規模事業所などの生産性向上を支援する補助金です。この補助金は新規事業立ち上げやサービス改善、医療や衛生関連商品の開発を予定している企業に適用されます。

特筆すべき点は、補助金額が1,000万円単位の高額になることです。補助金を受けることで、新しい設備や技術の導入、生産ラインの改善など、大幅な業務改善が期待できます

製造業で持続的な利益を上げるためには、絶え間ない業務改善が必要不可欠です。ものづくり補助金を上手に活用することで、経営の回復を図ることができるでしょう。

補助金の申請方法

補助金を申請するための手続きや流れについて解説します。申請方法を理解し、スムーズに補助金を受給するためのポイントを押さえましょう。

補助金を調べる

まず、自分の事業にマッチする補助金が存在するか確認することから始めましょう。

自治体や関係機関に問い合わせることで、適切な補助金の情報を得られます。事前に詳しく調査しておくことは、効率的な申請のために重要です。

申請

次に、補助金の申請手続きを行います。補助金には審査があるため、申請要件を満たしているかを自治体の担当者などにしっかりと確認しましょう。

申請書には、特定の様式が定められていない場合もあるため、補助金によっては独自に申請書を作成しなければなりません。申請期限までに申請するために、詳細な情報を事前に確認し、余裕を持って申請書を作成しましょう。

結果通知

申請後は、審査結果が通知されます。手続きや申請書に不備があると審査に時間がかかるため、よく確認し、不備がないようにしましょう。

実施

審査に合格した場合、計画通り事業の実施に移りましょう。

補助金の対象となる事業を開始する際には、証拠を残すことが求められます。不備があると補助金が取り消される可能性があるため、注意が必要です。

交付

最終的に、補助金が交付されます。内容や経費を報告し、実施が適切に行われたことが確認された後、補助金が受け取れるのです。

まとめ

工場建築には多様な補助金が提供されています。これらの補助金を上手に活用することで、経済的な負担を軽減することができるでしょう。たとえば、原材料の安定供給を支援する補助金や生産性向上のための業務改善をサポートする補助金、新型コロナウイルスの影響による経営の低迷を支援する補助金などがあります。申請する際には、支給要件に適合していることを確認し、適切な申請書類を作成し、補助金の利用に関連する証拠を残すことが重要です。工場建築における補助金の活用は事業者にとって大きな利益をもたらすものですので、積極的に活用しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【工場建築】おすすめの建設会社 比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)進和建設工業株式会社株式会社澤村 CANARIS(カナリス)日鉄物産システム建築石井工業株式会社株式会社服部建築事務所(工場建設コストダウン.com)さくら構造株式会社
特徴低コストかつ短い工期で、自由度の高い設計の木造建築を主に手掛ける会社創業50年の歴史は安心と信頼の証。失敗しない地域密着の土地活用実績システム建築によって、低価格・短工期でありながら質の高い建築を実現できる業界唯一のシステム建築!40年もの超える歴史が支える信頼の技術が強み!明治37年創業で豊富な施工実績が魅力。顧客の希望に合った最適な提案を行う一貫した真摯な姿勢を貫く、常に顧客の視点を大切する建築事務所日本一の高耐震設計グループを目指す、全国で対応可能な日本有数の建築組織
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら