工場の新設と増設の違いとは?かかる費用や補助金についても解説!

公開日:2024/04/15

新設費用

製造業が拡大し、新たな工場を建設する際に、さまざまな要因を考慮して建設することが大切です。この記事では、工場の新設と増設の違いから、新設にかかる費用、コスト削減の方法、法律、補助金まで、詳細に解説します。工場建設に関心がある方や検討している方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

工場の新設と増設の違いとは

工場建設において、新設と増設というふたつの主要な選択肢が存在します。それぞれのアプローチにはそれぞれ長所と短所があり、状況に応じて最適な選択をすることが重要です。

新築の場合、まったく新しい建物を建てることから始めます。これは、企業が新しい工場を必要とする場合、または既存の建物が適していない場合に選ばれる選択肢です。新築の利点は、建物のデザインとレイアウトを完全にカスタマイズできることです。これにより、効率的な生産プロセスのある工場を建設できます。

しかし、新築は増設に比べてコストが高い場合があり、建設期間も長くかかります。増設は、既存の工場に新しいエリアや施設を追加することを指します。これは、既存のビジネスが成長し、迅速な対応が求められる場合に選ばれることが多いです。

増設の主な利点は、既存の施設を最大限に活用できることです。また、建設期間が新築に比べて短いため、生産の中断を最小限に抑えられます。ただし、既存の施設に制約があることも考慮すべきです。

どちらの選択肢を採用するかは、企業の成長計画、予算、スケジュール、そして特定の工場の要件に依存します。プロジェクトの成功に向けて、熟考と計画が欠かせない要素であり、専門家のアドバイスも役立ちます。新築と増設の違いを十分に理解し、最適な決定を下すことが、工場の建設をするにおいて大切です。

工場新設にかかる費用とコスト削減の方法

工場の新設プロジェクトにおいて、工場の建設費用は構造や工法によって予算が大きく異なります。一般的な工場の構造別の費用目安を考えると、木造工場は約2,600万円/棟、鉄骨鉄筋コンクリート造工場は約4億2,400万円/棟、鉄筋コンクリート造工場は約4億100万円/棟、鉄骨造工場は約2億2,300万円/棟、そしてコンクリートブロック造工場は約500万円/棟ほどとなります。

コスト削減の方法

システム建築は生産プロセスを効率化し、従来の方法よりも20%から40%のコストダウンを実現し、工場の生産効率を向上させるのに活用できます。また、プレハブ建築という、部材を工場で事前に製造し、現場で迅速に組み立てることで、工期を短縮しコストを削減する方法もあります。

さらに、鉄骨造はその耐久性と建物の軽量化により、建設期間の短縮や、コスト削減にも効果的です。これらの方法は新しい工場を建設する際に有効で、工場の目的や所在地、運用計画に応じて最適な手法を選択することが肝心です。そのため、建設プロジェクトでは、経験豊かな建築コンサルタントや建設会社と協力することが重要となります。

工場新設に関連する法律と補助金の概要

工場新設のプロセスでは、都市計画法による建築用途の制限や建築基準法に定められた建ぺい率、容積率の基準を遵守することが重要です。工場立地法に従った緑地整備も、環境への配慮として不可欠です。これらの法律は、工場の建設場所や設計に直接的な影響を及ぼし、環境保全に対する企業の責任を強化します。

また、補助金制度の活用は、経済的な支援を受ける絶好の機会です。HACCP対応施設整備補助金、省エネルギー投資促進事業費補助金、ものづくり補助金など、これらの資金を活用することで、初期投資を大幅に抑えることができます。法的要件を守りつつ補助金を活用することで、コスト削減とプロジェクトの効率化を実現することが可能になります。

さらに、地域社会との良好な関係構築を通じて、地域経済への貢献や社会的責任を果たすことも、企業の持続可能性を高める上で欠かせません。これらの要素を総合的に考慮し、環境と社会に配慮した工場建設を目指すことが、現代の企業にとっての大きな課題となっています。


まとめ


工場の新設は、ゼロベースで施設を建てるため、設計の自由度が高く、企業の独自の要望に合わせたカスタマイズが可能です。一方で、増設は既存の工場に追加する形で行われ、既にある設備やインフラを活用しつつ、より迅速に拡張を実現できます。新設の際のコストは選択する構造によって大きく変わり、システム建築、プレハブ建築、鉄骨造などの効率的な工法を選ぶことで削減が見込めます。また、工場建設には都市計画法、建築基準法、工場立地法などの法律の遵守が求められ、補助金制度の利用により経済的支援を得ることも大切です。これらの法的要件の理解と補助金の活用により、新設プロジェクトを効率よく、かつスムーズに進めることが可能になります。

TABLE

【工場建築】おすすめの建設会社 比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)進和建設工業株式会社株式会社澤村 CANARIS(カナリス)日鉄物産システム建築石井工業株式会社株式会社服部建築事務所(工場建設コストダウン.com)さくら構造株式会社
特徴木造建築を低コスト・短工期で施工できるコンサルティングも可能相談から設計・施工までワンストップさまざまなタイプの工場を建築可能建築に関するさまざまな業務に対応顧客にしっかりと寄り添うスタイル構造躯体のコストを最適化できる
創業・設立1971年1968年1950年2007年1904年1972年2006年
許可建設業者登録免許
大阪府知事許可(般-4)第97074
宅地建物取引免許
大阪府知事免許(10)第25935
建設許可
大阪府知事許可(特-6)第15899号
大阪府知事許可(特-3)第79108号
建設業許可
滋賀県知事許可(特・般-3)第80123号
一級建築士事務所
滋賀県知事登録(カ)第126号
宅地建物取引業者
滋賀県知事登録(12)第1267号
建設業許可
国土交通大臣許可(特-30)第27380 号
建設業許可
国土交通大臣許可(特-2)第6036号
一級建築士事務所登録
千葉県知事登録 第1-1804-812号
宅地建物取引業免許
千葉県知事(8)第11973号
建築士事務所登録
大阪府知事登録 6014号
一級建築士事務所
北海道知事登録(石)第5317号  (札幌本社)
東京知事登録 第58082号    (東京事務所)
問い合わせメールフォーム電話電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム
会社情報株式会社三幸住研
〒560-0054
大阪府豊中市桜の町3-6-7
進和建設工業株式会社(本社)
〒591-8032
大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-30-1
株式会社澤村
〒520-1121
滋賀県高島市勝野1108-3
日鉄物産システム建築株式会社
〒105-0021
東京都港区東新橋1-9-2
汐留住友ビル
石井工業株式会社(本社)
〒287-0002
千葉県香取市北2-6-3
株式会社服部建築事務所(本社)
〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2-3-3
さくら構造株式会社(札幌本社)
〒001-0033
北海道札幌市北区北33条西2-1-7
SAKURA-N33ビル3階
特徴低コストかつ短い工期で、自由度の高い設計の木造建築を主に手掛ける会社創業50年の歴史は安心と信頼の証。失敗しない地域密着の土地活用実績システム建築によって、低価格・短工期でありながら質の高い建築を実現できる業界唯一のシステム建築!40年もの超える歴史が支える信頼の技術が強み!明治37年創業で豊富な施工実績が魅力。顧客の希望に合った最適な提案を行う一貫した真摯な姿勢を貫く、常に顧客の視点を大切する建築事務所日本一の高耐震設計グループを目指す、全国で対応可能な日本有数の建築組織
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索

RANKING TABLE

【工場建築】おすすめの建設会社 比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)進和建設工業株式会社株式会社澤村 CANARIS(カナリス)日鉄物産システム建築石井工業株式会社株式会社服部建築事務所(工場建設コストダウン.com)さくら構造株式会社
特徴低コストかつ短い工期で、自由度の高い設計の木造建築を主に手掛ける会社創業50年の歴史は安心と信頼の証。失敗しない地域密着の土地活用実績システム建築によって、低価格・短工期でありながら質の高い建築を実現できる業界唯一のシステム建築!40年もの超える歴史が支える信頼の技術が強み!明治37年創業で豊富な施工実績が魅力。顧客の希望に合った最適な提案を行う一貫した真摯な姿勢を貫く、常に顧客の視点を大切する建築事務所日本一の高耐震設計グループを目指す、全国で対応可能な日本有数の建築組織
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら