安く工場・倉庫を建てるには?おすすめの工法やコストダウンのポイント

公開日:2023/07/01

工場や倉庫を建てるには多額の費用がかかるため、コストダウンを考えることは重要です。コストに影響する要素を検討することで、大きなコストダウンにつながります。この記事では、安く工場・倉庫を建てるためのおすすめの工法や、コストダウンの方法について詳しく解説しているので参考にしてください。

工場・倉庫の種類を把握する

工場や倉庫を建設する際には、目的に合った工法を選ぶことが重要です。こちらでは、主要な工法を紹介します。

システム建築小屋

設計から製造、施工までをコンピューターでシステム化した工法です。システム化により、品質にばらつきが少なく、耐震性や耐久性に優れています。また、CADによる合理的な設計により、効率的な空間活用が実現。建材の生産はコンピューターと直結した自動化ラインで行われます。生産プロセスのシステム化により、非常に効率的な生産が可能です。

以上の効率化により、システム建築小屋は従来の工法に比べて工期を約20%短縮できる大きなメリットがあります。建物の寿命は約30年と長寿命であり、工場や倉庫の建設において、効率的で高品質な選択肢といえるでしょう。強度が必要な大規模な倉庫や工場施設に適した工法です。

プレハブ小屋

プレハブ小屋は、工場で生産・加工されたパーツを現場で組み立てる工法です。生産効率が高いため、短期間の建設が可能であり、強度の割に低コストで建設できます。また、建築後の柔軟性が高いため、事業計画の変更に合わせて移設や増設が容易なことも大きなメリットです。

プレハブと聞くと、仮設建築のイメージが強いですが、寿命も約20年もつなど、近年では耐久性も向上しています。工場や倉庫、事務所など、さまざまな用途に活用できる工法です。コストと納期の面で優れており、ビジネスニーズの変化に対応できる設計の柔軟性も持ち合わせています。

テント小屋

テント小屋は、骨組みに合わせてシートを被せ、天井や壁を作る工法です。構造がシンプルであるため、建設コストが抑えられると同時に、組み立て作業が比較的容易であるため、短期間で建設できます。

しかし、テント生地は耐久性に欠けるため、紫外線や雨などの影響で劣化し、定期的な張り替えが必要です。耐久性がないことにより、保管物の制限を受けます。貴重な美術品や引火性の液体などの保管には向きません。

テント小屋の寿命は約6〜8年とされているため、一時的な利用や短期的な需要に適している工法です。長期的な利用を考える場合、寿命に応じた修繕を検討する必要があります。メンテナンスや張り替えなどのコストが不可避であることを考慮して、建設しましょう。

工場・倉庫建築でコストダウンを図る方法とは

工場や倉庫の建築において、コストダウンを図るためには以下の方法があります。

資材にこだわる

工場や倉庫の建築において、資材の配置はコストダウンに大きく影響します。鉄骨を均等に配置することで、強度のバランスを保つことができ、他の部分の強度を高めるための追加コストを抑えられるのです。

さらに、規格サイズをうまく活用しましょう。特注サイズの資材はコストが高くなる傾向があるため、可能な限り規格サイズの資材で設計することが重要です。規格サイズの資材は市場に多く供給されており、割安な価格で入手できることが多いでしょう。

土地にこだわる

工場や倉庫を建てる際に、土地の選定はコストダウンに大きく影響します。コストを意識する場合は、敷地が広く、整形された地形がある場所を選ぶのがおすすめです。広い敷地は、車両の乗り入れに余裕があり、追加費用を必要とせずに作業できます。また、四角形に近い整形地を選ぶことで建設費用を抑えられるのです。

建築スケジュールを管理する

建築スケジュールを事前に詳細に計画し、予測された工期での完成を目指しましょう。予定通りの工期で建物が完成すれば、追加の人件費が発生しないため、費用を抑えられるからです。足場の設置や解体、コンクリート作業などの作業においても、遅れないように管理することが重要。工程ごとに必要な日数を正確に評価し、無駄な時間の発生を最小限に抑えましょう。

人件費を管理する

工場や倉庫の建設において、人件費は大きなコストです。コスト削減には、下請けや孫請けの数を最適化することが求められます。下請けや孫請け業者の数が適正か判断し、調整することでコストを抑えられるのです。人数が過剰なこと、または少ないことにより、後で無駄な増員が発生しないように注意しましょう。

木造にする方法もあり!

工場や倉庫を建てる際には、木造建築を検討することも有益です。木造建築はコストを抑える上で効果的です。木造建築は、鉄骨に比べて建築コストが約14%安く抑えられます。さらに、減価償却期間が鉄骨に比べて約半分のため、節税効果があり、キャッシュフローを有利にできるのです。

耐用年数にも鉄骨と遜色がないため、長期的な利用が可能であり、一部の工法では耐震性も向上させられるなど、強度も問題ありません。木造建築は、工場や倉庫の建設においてコストダウン以外の多くのメリットもあるため、木造にすることも検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで工場や倉庫を安く建てる方法についてご紹介しました。工場や倉庫を建てる際には、用途に合わせた工法を選択し、素材や土地に気を配り、建築スケジュールと人件費を管理することが重要です。さらに、木造建築を検討することもおすすめ。木造建築は建築コストを抑えるだけでなく、鉄骨に比べて減価償却期間も短くなるなど、経済的なメリットもあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【工場建築】おすすめの建設会社 比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)進和建設工業株式会社株式会社澤村 CANARIS(カナリス)日鉄物産システム建築石井工業株式会社株式会社服部建築事務所(工場建設コストダウン.com)さくら構造株式会社
特徴低コストかつ短い工期で、自由度の高い設計の木造建築を主に手掛ける会社創業50年の歴史は安心と信頼の証。失敗しない地域密着の土地活用実績システム建築によって、低価格・短工期でありながら質の高い建築を実現できる業界唯一のシステム建築!40年もの超える歴史が支える信頼の技術が強み!明治37年創業で豊富な施工実績が魅力。顧客の希望に合った最適な提案を行う一貫した真摯な姿勢を貫く、常に顧客の視点を大切する建築事務所日本一の高耐震設計グループを目指す、全国で対応可能な日本有数の建築組織
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら