名工建設株式会社の口コミや評判

公開日:2023/07/01 最終更新日:2023/10/13
名工建設株式会社の画像
創業・設立1941年
許可一級建築士事務所 国土交通大臣許可(特-4)第1768号
国土交通大臣登録 (建01)第4205号
問い合わせ電話・メールフォーム
TEL:052-589-1501
会社情報名工建設株式会社
〒450-6113 名古屋市中村区名駅1丁目1番4号 JRセントラルタワーズ

各工建設株式会社は愛知県名古屋市にある建設会社です。建物の安全性はもちろんですが、建設をとおした社会貢献にも力を入れています。地域住民と積極的にコミュニケーションをとることで、工事施工の理解を求め、無事故・無災害の達成を実現します。この記事では、各工建設の特徴をご紹介します。

名工建設が目指すもの

各工建設では、安全第一を軸に利用者が満足できるような、建物づくりを心がけています。

さらに誠実の心と、先端の技術力から未来へつながる企業を目指しつつ、社会貢献につとめることを大切にしています。

そのほか、多様化するお客さんの求めるニーズに応えるため、先端技術を駆使した建物を提供します。

技術開発・品質管理をとおして、お客さん並びに社会の安全、安心を守ります。

各工建設で力を入れていること

各工建設は土木・建築・軌道の総合技術をもっているため、社会の発展だけでなく災害対策にも力を入れています。

近年、台風・土砂・地震などのさまざまな災害に見舞われる日本では、災害に負けない強い土台が必要です。土木・軌道ではどのようなことがされているのか、それぞれ順に見ていきましょう。

土木

土木では、各工建設がこれまでに培ったハイレベルな技術力・ノウハウを駆使した構築をしています。

さらに災害に負けない、次世代に残るインフラにも力を入れています。

そもそも各工建設の土木は、創設当初から多くの事業に携わる、各工建設の土台でもありました。

道路やトンネル、地下鉄工事、市街地開発事業などの多くのことに関わり街で暮らす人々の生活を支えているのです。

そのほか、各工建設の土木では、ほかの部門との連携も図っています。連携することで、土木の優れた技術力を鉄道工事や建物の建設に取り入れ、相乗効果を生み出します。

また、逆に鉄道工事や建物の建設のノウハウを土木に取り入れて、より強度な基盤をつくることも可能です。最大限の技術力を発揮できるのは、各工建設の各部門が連携をとった、技術開発大切を整えているためだと考えられるでしょう。

軌道

軌道では、鉄道の安全を守るための施工・保線技術が行われています。

高技術力は日本のみならず、世界の鉄道も支えているほど、各工建設の技術力は安全性の高いことがわかります。

保線工事では、鉄道の安全・正確・快適な乗り心地を維持するために、定期的に線路のメンテナンスを施す、大切な作業です。

列車の走らない深夜帯に数百名を超える作業員が、安全確保に必要な機械を駆使して、点検または補修などを実施します。

また、新しい線路を建設する際も各工建設は安全性を大切にします。安全面はもちろんのこと、乗り心地のよさ・環境にやさしい工事など、多方面から求められることにも高技術と、ノウハウでしっかり応えていきます。

名工建設の建築部門の特徴

いつの時代も建築物が残る、愛されるようにするため、品質にこだわり長く安全に利用できる価値の提供を大切にしています。

建築部門ではビルやマンション、リゾート施設、公共建築物などのあらゆる建物の建築に携わり、ともに時代の流れを過ごしています。

多くの経験を積んだ各工建設が力を入れていることは、地震対策です。とくに東海・東南海地震のエリアは、地震に負けない建物であることが大切です。

高度な技術を駆使して、建物の基盤を強化したり、既存建物物のリニューアル技術の研究に力を入れたりするなど、安心安全に過ごすための地震対策を講じています

トータルマネジメント

各工建設はコンサルティングから、リニューアルまでトータルにサポートします。

企画・設計からはじまり、施工やアフターサービス、リニューアルまでの一連の流れをしっかりサポートするのです。

長い付き合いになるため、お客さんの求めることにも瞬時に対応できます。

さらに安心安全性の建物が続くようにこれまでの「ノウハウ」を培った高度な技術を惜しむことなく発揮して、お客さんの満足を追求します。

リニューアルシステム

リニューアルシステムでは、状況把握、・建物全体の調査・診断からはじまり、施工・アフターケアの実施まで、トータルにサポートします。一貫して各工建設が携わるため、建物への安心感も高まるでしょう。

名工建設のさまざまな取り組み

名工建設では、さまざまな取り組みを実施しています。ここでは、取り組みをいくつかピックアップしてご紹介します。

環境

人と自然の調和を大切にするために省エネにも積極的に取り組んでいます。省資源の推進を図り、地球温暖化防止につとめています。

実際に各工建設が携わった環境活動では、施工段階のCO2排出量の削減、クールビスを実施して電気の使用量を削減、低燃費車を導入して、ガソリンの使用量を削減するなどの実績があります。

また、月1回、各工建設の会社、枇杷島社屋、報道橋の周辺の清掃活動を実施しています。そのほかには、警察と協力して幼稚園児に交通安全指導を行うなど、地域の安全活動にも力を入れています。

品質

各工建設は、国際標準規格に適合させた品質マネジメントシステムを構築・運用しています。

また、工事施工に関するクレームがあった場合は、情報収集・分析して早期に対応・マネジメントシステムの改善にもつとめています。

内部品質監査を実施しつつ、年に1回外部審査を行い、高品質なマネジメントシステムの継続的な実現に向けて、努力を怠りません。実際に令和4年に実施された外部審査では、品質マネジメントは適切だと判断されています。

コミュニティの参加

ボランティア活動にも積極的に取り組んでおり、地元の小学生を対象とした現場見学会、地域の交通安全活動など、さまざまなボランティアを実施しています。

こうした背景には、工事施工での無事故、無災害に欠かせないものだと考えています。

地域住民と円滑なコミュニケーションを実現することで、無事故、無災害が実現できるため、各工建設では積極的な地域貢献をしているのです。

まとめ

今回は各工建設についてご紹介しました。各工建設は愛知県名古屋市にある建設会社ですが、日本全国さらには世界の建物、鉄道などを支えています。現代の暮らしはもちろんのこと、未来の暮らしも守るためにこれまでの高技術力とノウハウを発揮して、人々の安全安心を維持しているのです。また、大地震が襲ってきても建物ならびに鉄道の安全を確保できるように地震に向けた対策にも力を注ぎます。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【工場建築】おすすめの建設会社 比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)進和建設工業株式会社株式会社澤村 CANARIS(カナリス)日鉄物産システム建築石井工業株式会社株式会社服部建築事務所(工場建設コストダウン.com)さくら構造株式会社
特徴低コストかつ短い工期で、自由度の高い設計の木造建築を主に手掛ける会社創業50年の歴史は安心と信頼の証。失敗しない地域密着の土地活用実績システム建築によって、低価格・短工期でありながら質の高い建築を実現できる業界唯一のシステム建築!40年もの超える歴史が支える信頼の技術が強み!明治37年創業で豊富な施工実績が魅力。顧客の希望に合った最適な提案を行う一貫した真摯な姿勢を貫く、常に顧客の視点を大切する建築事務所日本一の高耐震設計グループを目指す、全国で対応可能な日本有数の建築組織
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら